2011年12月22日

金魚ねぷた

2011_1221_105641_945-1.jpg昨日の1、2校時に、たちねぷた師の齋藤さんが、あすなろ学級で金魚ねぷたの作り方をおしえてくださいました。

今回で2回目になります。

前回は「紙はり」、今回は「下がき」をおしえてくださいました。

色々なお話をしながら、作りました。

電気を取り付けて明かりを付けてみると、「おおー!」思わず声をあげてしまいました。

暖かくて、やさしい光で照らされた金魚ねぷたが生きているみたいに見えました。

不思議でした!

少しずつ出来上がっていく金魚ねぷたを見て、あすなろ学級の子どもたちも感慨深い様子でした。

材料を全て準備してくださり、雪のなかいらしてくださった齋藤さん、丁寧に教えてくださり、ありがとうございました!


posted by 市浦小 at 23:33 | Comment(0) | TrackBack(0) | 様子
Copyright
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。