2012年08月03日

市浦中学区教育研究会の様子

昨日、市浦中学区教育研究会がありました。
 
中学校の先生方とテーマにそった研究をしているのですが、その2回目が昨日開かれました。
 
内容は、学校保健会による生活調査の活用について、地域教材の事例発表、五月女萢発掘現場においての発掘体験です。
 
画像は、発掘体験の様子です。
 
シャベルで慎重に土を掘っていきます。
 
少し掘っただけで、土器や石器の欠片が出てきます。
 
土器の欠片は、突起や網目の模様がくっきりと残っていました。
 
遥か昔の人達の生活がリアルに感じられました。
 
 
小さな丸い物が写っていますが、何だか分かりますか?↓
 
これは翡翠だそうです。
 
首飾りになっていたそうです。
 
 
 
中央に甕の様なものが2つ見えますが、こちらは子どものお墓だそうです。↓
 
 
写真やTVでしか見られないような物を実際に見たり、触ったりできたことは、とても貴重な体験でした!
 
 


posted by 市浦小 at 23:01 | Comment(0) | TrackBack(0) | 様子
Copyright
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。