2006年04月03日

経営の方針

 子どもたちの前途には,大変厳しい状況が待ち構えています。どんな状況下であれ,やがて親元から離れ,自分の力で生きていかなければなりません。子どもたちひとりひとりが自分の考えを持ち、まわりと協調しながら,社会の一員としてしっかり生きていけるように,小学校で学習と生活の基本,そして,いかなることがあってもくじけない心の土台を身につけさせたいと思います。
 教育活動が充実したものになるためには,子どもひとりひとりの存在が,大切にされる環境の下になければなりません。子どもたちひとりひとりが,お互いに励まし合い,認め合い,支え合うことのできる温かさに包まれた集団の中でのびのびと活動できるようにすれば,子どもたちの心身ともに健やかな成長が期待できると考えます。
 子どもは,将来,社会を支えていく地域の宝です。子どもたちの心身共に健やかな成長を願い,地城との協調を大切にしながら,全職員一丸となって精励していきたいと思います。
以上のことを念頭に置き、つぎの3点に留意しながら教育活動を進めていきたい。
(1)基礎・基本をしっかり身につけさせる。
(2)子どもの持っている力、可能性を引き出し,伸ばしていく。
(3)他人の心の痛みがわかる思いやりの心を育てる。

校長写真


posted by 市浦小 at 13:38 | Comment(0) | TrackBack(0) | 校長
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
Copyright
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。