2011年09月09日

ボランティア委員会

今日のボランティア委員会は、担当の先生のお説教から始まりました。

最近、委員の皆さんは常時活動をやっていないようなのです。

そして、委員会の時間が始まっているのに、ぬいぐるみを投げて遊んでいたり、委員会が始まる前に行くべきトイレに友達と連れだって行ったり…。

残念なことに仕事に向かう姿勢ができていない様子なのです。

そこで、理由を聞いてみました。

「忘れてしまう。」
「仕事があるとわかっていても、あそんでしまう。」
「やりたくない。」

と、話していました。

そこで、対処法を考えました。

「常時活動の当番表を作り、自分の机のシートにはさんでおく。」

と、決まりました。

6年生の女子2人が、一生懸命当番表を手作りしてくれました。

いつも目につくところに、当番表を置くことで、仕事への心構えが芽生えてくれると嬉しいです。

担当の先生がこんな風に話していました。

「先生は、みんなが仕事のできる人だということを知っています。

去年は、大変だった仕事を休み時間も遊ばずがんばってくれました。

去年の6年生が、どんな思いでみんなに仕事を託して卒業したのかを思い出して、また頑張る気持ちを思い出してください。」

お説教後の子どもたちの表情が少し変わったような気がします。

何も言わなくても、次の仕事を見つけて働いていた人もいました。

きっと、これからのボランティア委員会は大丈夫だと思います。

これからの活動にご期待ください。


posted by 市浦小 at 19:40 | Comment(0) | TrackBack(0) | 委員会活動
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
Copyright
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。